2017年5月28日日曜日

仕事はRPGみたいなもんだ!




ちょっと前に「根本さんは、何でそんなに頑張るんですか?」と聞かれた。

どういう意味で聞いているのか?を考えてみた。

それは、働いて飯食えて、ある程度生活ができればいいんじゃないですか?という問いなんだろうな~と思う。なんとなく。

これまでも、この手の問いは何度か聞かれたことがある。

その時もあんまりうまく答えられなかったような気がするんだけどね。
不意な問いかけだし、酔ってる時も多いから(笑)

でも振返って考えてみると、ドラゴンクエストみたいなもんなんじゃないかな~って、最近フッと考えてた。自分の中での話だけどね。


ドラゴンクエストというのは、1986年にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲーム。プレイヤーの目的は、伝説の勇者として、「竜王」にさらわれた姫を救い出し、そして竜王を倒す。

その目的を達成するために、敵キャラクターであるモンスター(魔物)を倒して経験値とお金を稼ぎ、強い武器・防具を購入してプレイヤーを強くする。そして様々な敵と戦い、経験値を積んでレベルアップしていく。旅の途中でいろんな町でボスを倒して、街を平和にしながらラスボスを目指して旅をする。

そのチャレンジと経験でラスボスと戦えるようになる。



目的をもって、経験を積んで、結果を残していく。

その過程が好きだし、楽しいんだと思う。


この部分はゲームも仕事も変わらないんじゃないかな。


自分の町のボスを倒して町が救われた。
とりあえず、みんな仕事して生活していけるよね。
だから、宿屋に集まって飲み会だ!みんなハッピーだ!パーリナイ!


って、したいとこだけどね。

そういう毎日は、今の自分には向かないかな。
昔はそれで良かったんだけど、働く目的とかやりたいことが出来てきたからなんだと思う。
だから、自分が行けるところまで行きたいって考えてる。


自分の中で仕事は、生活のためではないし、良い生活を得るためでもない。
「やりたいことをやりたい。」っていう自己中な面はあるけれど、それ以上に夢を実現していきたいんだと思う。


イヤなことやって、花金のイベントを想い、土日の遊びを考えるのも良いけど、人生の1/3を損してますぜ、皆さん。


与えられた仕事さえも自分のミッションにして楽しもう!


この前の答えでした。



それでは聞いてください!SEKAI NO OWARI「RPG」




~SMSCの活動に興味を持ってくださった方へ。~

SMSCは、仕事旅行社で ~精神保健福祉士になる旅~ を提供しています。
・精神的な病や障害に興味がある。
・福祉施設ってどんなところ?
・福祉の仕事に興味がある。
仕事の体験を提供していますので、興味のある方は是非ご参加ください!

- 精神保健福祉士になる旅 -生活、仕事を支えて自立を目指す。
 その人の「未来」を創る仕事。

☆ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ソーシャルインクルージョンを実現するためには、廃校活用にこだわるぜょ!

廃校を活用した地域交流と福祉サービスを融合させた ソーシャル・インクルージョンのコミュニティ再生計画について 自分はこれまで15年間、高齢者・障害者福祉サービスに携わってきた。 どの分野の福祉サービスでもそうだが、 「共生社会の実現」 を目指して、地域と連...