2017年4月24日月曜日

地方創生・コミュニティ再生のカギは福祉にあり!



つい先日、金沢に行ってきました。

自分が考えているおんらが村構想と同じような活動をしている「シェア金沢」なるものの全貌、ごちゃまぜの街作りで地域活性がどのようにできているのかを学ぶために視察研修に参加しました。

シェア金沢については、下記を見てください。
~カンブリア宮殿~
ごちゃ混ぜの街作りで地域活性! 金沢発!大注目コミュニティの全貌
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2016/0721/




 






理事長やスタッフの話を聞いたこと、また見学した感想は、想像以上にすごかった。


何がすごいのか?

ごちゃまぜのコミュニティと言っている通り、あらゆる人がごちゃまぜだった。

高齢者、障害者、子どもたち、学生さんやそのどれにも属さない多くの人々が、コミュニティの中でごちゃまぜに存在していた。

テレビだから良いところしか見せてないんでしょ?って思う人もいると思う。
でも、実際はあらゆる場所と場面でごちゃまぜだった。

それをあたりまえに運営できている佛子園の支援と、活動にめちゃくちゃ嫉妬したぜょ...。


地域の福祉サービスを知らない。

例えば、重度の障害者と同じ空間で生活していることはあるだろうか?
ほとんどの人がないと思う。
支援をするために空間を分けられてきたからね。

だから、地域にはどれくらいの障害者がいて、どこで活動しているのかも知らない人が多い。

それは、高齢者にとっても同じ事。
地域にある介護施設のことを知っている人は少ないと思う。身近に要介護者がいる人は知っていると思うが、身近にいない人は考えたこともないと思う。


突然の出会いが生みだすもの。

情報がない中で、地域で突然に出会ってしまう。

「なんだあの人は?大丈夫か?おかしい人。気持ち悪くない?怖いな。」

多くの場合、お互いの属性が同じ、もしくは似ているコミュニティで構成されているので、ちょっと違う人が入ってくると奇異の目に変わる。異物が紛れ込んできたみたいな。

でもそれは障害者のコミュニティの中でも一緒のこと。
一般人がマイノリティなんだから。

空間を分けられて生まれた断絶が、属性が違う人への偏見とかいじめに変わっていく。

属性の似た人たちで結束を強めるのは良いことだと思う。

でも、強いがゆえに排他的な集団になってしまう。
「中ではウェルカムだヨ!」って言ってても、外から見ると入りづらい。

集団としては排他的になってしまうことがあることを考慮していないといけない。


福祉の力が必要だ。

それらを改善していく方法として、そもそもがごちゃまぜでコミュニティを作ってしまうこと。
それによって、「私も参加できるかも。」というハードルが下がる。

それに排他的になりようもない。
だって、みんなが自分と大きく違うんだから。

自分と違う人と関わることによって、できないことをサポートし合ったりして、一人一人に役割が生まれる。
その自分にとっての役割が居場所となり、コミュニティを構成する一人一人がイキイキしたコミュニティとして再生できると思う。

障害者、高齢者、子どもたち、または一般の人たち、みんながイキイキとしたコミュニティとしてね。

それを作るには、福祉の力が必要だ。
属性の異なる人たちを集めるには、あらゆる福祉サービスを作ることが必要だからね。

福祉はすべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を言う。
介護のことだけではないんですよ、実はね。


あらゆる福祉サービスと一般の人を同じ空間で過ごせる場所を作る。
そして、ごちゃまぜに交われるようにしていく。

何度も言うけど、それがおんらが村構想であり、コミュニティ再生のカギになる。


福祉3,0。

支援するだけじゃなく、関わる、参加する福祉へ。


アップデートしていくよ、コミュニティをね。


~SMSCの活動に興味を持ってくださった方へ。~

SMSCは、仕事旅行社で ~精神保健福祉士になる旅~ を提供しています。
・精神的な病や障害に興味がある。
・福祉施設ってどんなところ?
・福祉の仕事に興味がある。
仕事の体験を提供していますので、興味のある方は是非ご参加ください!

- 精神保健福祉士になる旅 -生活、仕事を支えて自立を目指す。
 その人の「未来」を創る仕事。

☆ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ソーシャルインクルージョンを実現するためには、廃校活用にこだわるぜょ!

廃校を活用した地域交流と福祉サービスを融合させた ソーシャル・インクルージョンのコミュニティ再生計画について 自分はこれまで15年間、高齢者・障害者福祉サービスに携わってきた。 どの分野の福祉サービスでもそうだが、 「共生社会の実現」 を目指して、地域と連...